​活動の概要

■提案・提言活動

 様々な相手に向けて、子どもとメディアに関する問題点・課題についての提案・提言を行い、具体的な動きが起きるよう働きかけます。

 ネットワーク団体の担当者、評議委員、幹事団をメンバーとして提案を協議するメーリングリストが運営されています。

 ネットワーク団体 または 幹事団から出された提案・提言について、意見交換をしたのちプロジェクトチーム(提案PT)が作られます。

 提案PTで、提案・提言の詳細、提出すべき相手先、提案・提言の方法などが検討・決定されます。

 完成した提案・提言は本ネットワーク内だけでなく、関係する様々な団体や個人に連名を募った上で、相手先に提出されます。

■情報交換活動

 子どもとメディアの課題に関心を持つ様々な分野の多様な人が、気軽につながり情報交換する仕組みを作って運用しています。

1)メールマガジン

 メールマガジン会員(メルマガ会員)に登録すると、子どもとメディアに関連する情報、ネットワーク団体の活動などの情報がメールで送られてきます。

 メールマガジンの内容は、情報交換会員の情報から選出したものです。

 もっとも気軽に本ネットワークとつながる仕組みです。どなたでもお気軽にご登録ください。

2)情報交換グループウェア

 情報交換会員一人ひとりが情報交換会員専用ページを通じてつながり、子どもとメディアに関わる最新情報の交換、各地の講演会・学習会などのイベント告知、各地の取り組み紹介、会員が制作した資料・提供可能な資料の交換などを行います。活発な情報交換が行われ、各団体の会員が全国的な最新の情報を直接手に入れ、意識・知識が向上することを目指します。 

​ネットワークの構成

■ネットワーク団体

 子どもとメディアに関わる活動を行っている団体で、それぞれが全国ネットワークの核となります。活動は各団体のネットワーク担当者がメーリングリストに入り、提案・提言の発議や意見交換を行います。

 ネットワーク団体として参加ご希望の団体は、幹事団までお問合せください。

【参加条件】

 子どもとメディアに関わる活動を主とする団体 または 主とする部門を持つ団体

 子どもとメディア全国ネットワークと理念を共有する団体

 子どもとメディアの課題に対する提案・提言の作成に関わる意思のある団体

■情報交換会員

 子どもとメディアに関する情報、各地の活動の情報を交換する会員です。

交換対象となる情報は、子どもとメディアに関するニュース、研究・調査報告、各種資料、イベント案内、講演・研修等の講師の相互紹介などです。

​ 情報交換会員専用のグループウェア上で活動します。特に断りがない限り、発信する情報は会員個人のものとして扱い、所属団体を代表するものとはしません。自由に情報交換できる場を目指します。

【参加条件】

 ネットワーク団体の会員
 ⇒申し込み受付後に所属団体に会員確認します

​ こちらから申込み申請をしてください。

■メールマガジン会員

 メールマガジンを受け取る会員です。

【参加条件】

 メールアドレスをお持ちの方なら、どなたでも参加できます。

 こちらからお申し込みください。

■評議委員

 ネットワーク団体の意見を総合し、全国ネットワークの理念に照らして、発議の採択および提案・提言内容に対する評議を行う委員です。団体代表ではなく、個人として引き受けていただいています。

【現在の評議委員】(4名 五十音順)

 清川輝基さん 中島匡博さん 成田弘子さん 山田眞理子さん

■幹事団

 ネットワーク団体の中から幹事団体を選出し、幹事団体の担当者で幹事団(事務局)を作ります。

 現在は、呼び掛け発起人4団体がそのまま幹事団体となっています。

​運営費について

■すべて寄付金で運営

 現時点では運営費はすべて寄付金でまかない、ネットワーク団体、情報交換会員、メールマガジン会員とも費用負担はありません。

 運営費で協力したいという方は、ぜひ寄付金をお寄せください。

 寄附に関するお問い合わせや領収書の発行などは jim@zen-km.net までメールでご連絡ください。

  寄附口座 ゆうちょ銀行 七四八店 普通預金9555027 子どもとメディア全国ネットワーク

子どもとメディア全国ネットワーク幹事団